クレンジングの口コミ

ラウディのゼロタイムクレンジングってどう?30代アラサーの実感口コミレポート

投稿日:

 

「ラウディのゼロタイムクレンジングってどうなの?」

「ラウディのゼロタイムクレンジングはちゃんと洗浄力はあるの?」

そのようなことを思っていませんか?

無酸化発想のラウディは、オイルを厳選し生クレンジングにこだわったゼロタイムクレンジングを開発しました。
一体どのようなクレンジングなのでしょうか?
今回、アラサー32歳OLの筆者が商品を実際に使ってみました。その口コミを写真付きで詳しくレポートします。

ラウディのゼロタイムクレンジングを詳しく見てみるならこちらをどうぞ。
ラウディのゼロタイムクレンジングについて詳しく見てみる

ラウディのゼロタイムクレンジングとは

ラウディがゼロタイムクレンジング開発にこだわったのは、オイル自体の酸化にあります。
クレンジング力が高いと言われるオイルタイプのメイク落としを使っていても、メイクが落ちなかったりお肌がべたつくのはオイルの酸化が進んでいることが原因です。
そこで、ラウディは、高品質のオイルをブレンドして生クレンジングを実現しました。

年齢肌には抗酸化オイルが必須!

アラサーになって年齢肌を実感していませんか?
お肌は25歳が曲がり角なんて 言いますが、30歳を過ぎると一気に年齢肌が加速します。
毛穴が黒ずむことでお肌も全体的にくすんでしまったり、ハリが無くなってたるんだり、乾燥が進んでかさついたりと良い事がありませんよね。
そこで、ラウディが取り入れたのが、抗酸化オイルです。
オイル自身が抗酸化作用を持つだけでなく、肌細胞の酸化も防いでくれるんですよ。

こだわりの生オイルが汚れを浮かしてすっきり洗浄

ラウディ ゼロタイムクレンジングには、オリーブオイルとベニバナ油、コメヌカ油の3つの生オイルが配合されています。
どれも天然植物由来で、なんと数百種類ものオイルの中から厳選されたオイルです。

・オリーブオイル

料理などにも用いられるオリーブオイルの中でも特に酸化しにくいピアクル種を厳選しています。
酸化を遅らせるオレイン酸の含有率はなんと76%。だから使っているうちに時間がたっても新鮮な状態が保たれます。

・ベニバナ油

オイルの中でもさらっとした質感で、洗い上がりのベタツキを抑えてくれます。
ゼロタイムクレンジングでは、オレイン酸含有率が高く78%を誇るハイブリッドベニバナを使用しています。

・コメヌカ油

お肌をしっとりとさせ、保湿に向いているコメヌカは、コメ粒から少ししか取れないコメヌカから搾取した希少な油です。
コメヌカ油にも43%ものオレイン酸が含まれていて、他の植物由来のオイルに比べて酸化しにくい性質を持っています。

不純物を取り去った高純度オイルで汚れを落とす

市販されているオイルクレンジングの中には、成分となるオイルの抽出時に不純物が残ったまま使われ、酸化が進んでしまうものがあります。
ラウディでは、各オイルの抽出時に不純物を徹底的に取り除き、高純度のオイルを配合しています。
だから、お肌に残りやすいメイク成分や皮脂分などにもなじみやすく、簡単に汚れを落とすことができるんです。

無添加配合でお肌に優しい

市販の商品の中には保存料や着色料などの成分を配合して、オイルの酸化を遅らせているものもあります。
ですが、これらの合成物質がお肌に残ると、肌細胞の酸化が進み、乾燥やシワ、シミの原因になってしまいます。
ラウディのゼロタイムクレンジングでは、お肌の負担を優先的に考えて、パラベン、アルコール、着色料、鉱物油が配合されていません。
もちろん、パッチテストやアレルギーテストも済んでいるので、ストレスなどで敏感になりやすいアラサーのお肌でも安心して使えます。

ラウディのゼロタイムクレンジングを使ってみた口コミは?

生オイルが使われていると言うことで、年齢肌に悩むアラサー女子にも使いやすそうですが、本当に酸化しにくくみずみずしいお肌に変わるのでしょうか。筆者が実際に使ってみた口コミをご紹介します。

筆者の詳細情報

・32歳(女性)
・仕事は事務仕事で、空調の風があたる席での仕事が多い
・休日もメイクをしているのでお肌へ負担をかけている

ラウディ ゼロタイムクレンジングのサイズ感

外装は白色の箱でデザインもシンプルです。オイル自体も洗練されていそうで期待が持てますね。

ラウディ ゼロタイムクレンジング 180ml 3,900円(税別)

内容量は180mlで、約1か月分が入っています。容器はスリムタイプで細長く、四角形で角に丸みがあります。
四角形なので、手にオイルが付いたまま持っても持ちやすい形状です。

ラウディ ゼロタイムクレンジングの質感

オイルは、透明ですが、少し黄色みが強く、まったりとしたニオイもあります。
酸化したオイルは黄色く変色していくので、一瞬心配になりましたが、オリーブオイル特有の色が現れています。ニオイについても、料理に使うオリーブオイルのようなニオイがします。香りに敏感な方は苦手かもしれませんね。

使用量は、2~3プッシュです。オイルはべたつくというイメージですが、ゼロタイムクレンジングの場合は、伸びやすくメイクにもすぐになじんでいきます。洗う時のコツは、力を入れず、メイクになじませていくことです。指先や手のひらを使って、優しく広げていきます。

ラウディ ゼロタイムクレンジングの洗浄力は?

生オイルを使っているクレンジングだから、洗浄力も高そうなイメージですよね。
実際、筆者がオイルクレンジングを愛用しているのは、ファンデーションなどの油分の汚れやマスカラなどの黒い汚れをしっかりと落としたいからなんです。
ラウディ ゼロタイムクレンジングはお肌になじませているときにツンとしたような嫌な感覚もなく、オイルクレンジングにありがちなベタツキもありません。それでいて、優しくなじませるだけでメイク汚れが落ちていきます。生オイルの力が発揮されているのでしょう。
筆者は、ウォータープルーフタイプのマスカラやアイライナーを使うことがあるのですが、これらのメイクもバッチリ落ちました。ただ、使用した後に、まつげにオイルが残っているような違和感があったので、気になる方は部分用のメイク落としを使った方が良さそうです。

実際に、メイクがどれくらい落ちるのか実験してみた写真がこちらです。
手の甲に、ファンデーション、ウォータープルーフのアイライナー、アイシャドウ、ハイライト、リップをのせています。

ゼロタイムクレンジングをなじませていくと、一気に汚れが溶けていき、ラメ成分が浮かび上がってきました。

そして、拭き取った後がこちらです。

驚くことに、ウォータープルーフタイプのアイライナーも綺麗に落ちました。
色残りがないので、目元付近の色素沈着も防げそうですね。

ラウディ ゼロタイムクレンジングの洗い上がりは?

ラウディ ゼロタイムクレンジングは、生オイルがお肌にとって負担となる汚れを取り去って、オイルに含まれる美肌成分がお肌を整えるとのふれこみです。
酸化していないオイルだから、お肌の洗い上がりも良いと口コミでも評判がいいようです。
筆者自身、クレンジングオイルを使った後は、お肌がべたついたりツッパりがちで悩んでいます。
そこで、ゼロタイムクレンジングを使った後の洗い上がりがツッパリにくいのか、また、乾燥しにくいのか調べてみました。今回は、美るるスキンチェッカーを使って、お肌の水分量と油分量、弾力を測っています。

測定の結果、水分量は34%、油分量が23%、肌弾力は通常よりレベルが一つマイナスでした。
ベストと言われている頬の水分量は35%が最低値となっているので、筆者の場合少し水分量が足りない結果となってしまいました。もともと乾燥肌と言うこともあるのですが、洗い上がりもわずかですが、ツッパリ感がありました。
ただ、オイルクレンジングにありがちなベタツキは全くなく、皮脂分も23%と抑えられています。
市販されているクレンジングオイルでベタツキが気になる方は、使ってみると洗い上がりがさっぱりして良さそうです。
普段から皮脂分が多い方はさらにべたついてしまう可能性があります。

ラウディのゼロタイムクレンジングの総合評価は?

無酸化発想から生オイルにこだわったラウディのゼロタイムクレンジングですが、洗い上がりにベタツキを感じなかったのは高評価でした。ただし、洗うだけだとお肌が多少ツッパルので、後で化粧水などの保湿をしっかりと行いたいところです。
また、筆者が気になったのがオイルの香りです。オリーブオイルを配合しているため仕方ないのですが、ニオイがきつく感じてしまいました。

今回紹介しましたラウディのゼロタイムクレンジングを詳しく見てみるならこちらをどうぞ。
ラウディのゼロタイムクレンジングについて詳しく見てみる

-クレンジングの口コミ
-, ,

Copyright© 今売れてるクレンジングオイルおすすめランキング。人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.